<第1回>国際恋愛・国際結婚の悩み相談:「イギリス人彼と大逆転の余地はある?」―リリーさんより

「国際恋愛・国際結婚のお悩み相談」第1回は、リリーさんよりいただきました、「出会って5か月のイギリス人男性との微妙な関係、脈あり?脈なし?現状を打破できる可能性は?」というご相談です。

今回は同じイギリス人、ご相談の彼と同年代ということで、<テック系オタクぴーちゃん>に回答をインタビューしてきました!

スポンサードリンク

 

●ご相談内容●

 

国際恋愛の相談お願いします。

相手の方は、イギリス在住のイギリス人男性(34歳)
知り合って約5か月、交際はしていません。

私は去年アイルランドに住んでおり、英語を使う機会を増やすために
ネット上のランゲージエクスチェンジのサイトで彼と出会いました
彼は将来日本に住んで日本語を教えたいそうで、その為日本語も勉強中です。

 

やり取りは基本メールと電話で、よく私の英語の宿題を手伝って貰ったりしてました。
3か月目に私がロンドンに旅行に行った時に、彼もロンドンまで来て初めて会いました。
会った時はプレゼントまで用意してくれて、私が行きたい所に全て連れてってくれました。
また一緒にいる間はずっと手を繋いでキスもしました。
別れた直後にも、長文の熱いメールが送られてきたので会って嫌われたということはないと思います・・いや、思いたいです(希望)

 

その後も、変わらず連絡を取り合ってたのですがある日、2日間返信が来なくなりました。
それがきかっけで(?)彼が私に興味がなくなった様に感じられるようになりました。
私自身が考え過ぎてる部分もあるとは、思いますが・・・

それからも突然返信が来なくなり、三日後に返信が来たりしたので私もすぐ返信しないようにしました

私の学校が休みになるタイミングでイギリスに行くから会わないかと誘いました。
彼は同じ時期に家族旅行に行く予定で日程が未定だから決まったら教えるよと言ってたんですが、その後日程を教えてくれることもなく二度目に会う話も無かったことに。
私も聞けば良かったんですが、断られるのが怖くて聞けませんでした。

 

その後もメールのやり取りは続いてましたが、私自身の問題で年末日本に帰国しました。
上記の事もあり、彼のメールに私がしなければ彼から再度連絡が来ることも無いだろうと思いそのままにしてました。
しかし帰国後の年末にメールが来ており、新年の挨拶がしたいからこの後、時間ある?という内容でした。
そのままメールが続いたので、日本に帰国した事とこれからも英語の勉強続けるので私の先生でいてね。伝えたところ・・
君が遠くに行ってしまって悲しい。でも君の先生と友達で居続けられて嬉しいよと返信が来ました。
初めて友達(friend)と言われ、それは落ち込みました、やっぱり恋愛対象じゃないんだと改めて、思い知らされたので・・・。

 

また日本とイギリスの時差の関係で、今はうまく連絡が取れず
彼は今よりも私に興味がなくなっていくだろうと思います。

 

私が返信をしなくなると、向こうから再度メールを送ってくるんですよ。
それに対して、私が返信し何度かやり取りすると突然返信が来なくなり
数日後また連絡が来る。最近はそれの繰り返しです。

 

前に電話をした直後、彼から「I missed hearing your laugh 」とメッセージが来てたのですが、意味が分からず何人のネイティブの方に聞いた所、全員が彼は貴方が好きなんだねと言ってました。
それを信じて有頂天になってたんですが、どうやら勘違いだったようです。

 

どこからどう見ても脈無しですが、この状況から挽回の余地ありますか?
それともささっと忘れて次の人を探したほうが良いでしょうか?

 

長文になってしまい、申し訳ありません。
回りに国際恋愛している方もおらず、どうしたらいいのかわからず
藁をもすがる思いでメールさせていただきました。

 

 

 

ぴーちゃん:

このなにが問題かって、遠距離なのがすべての問題なんだ。

彼には彼の(将来日本に行くという)目標や生活があって、34歳でたぶんイギリスでも仕事をしているんだろうし、実際そう簡単に遠くに住んでる女の子とリレーションシップを築くのには抵抗があるんだと思うよ。

 

 

HB:

そうね~。

その点ではリリーさんも同じだろうし、彼にとってももう一歩踏み込むには動機付けが弱いというか・・・。出会って間もないしね。

でも、彼も結構気があるような素振りじゃない?

 

 

ぴーちゃん:

気はあると思うし、できればどうにかなりたいとも思っていると思う(笑)。

でもまだ現実の生活を押してまでどうにかしたい、ていうレベルの好意ではないね。

 

 

HB:

えっ!?

じゃあもし彼がリリーさんに運命レベルでピンときちゃってたとしたら、すぐにでも行動するってことかしら?

 

 

ぴーちゃん:

いや、それでも情熱だけで現実の生活を変えてまで行動するってのは難しいよ。とくにイギリス人の男にとっては。

だから責任ある大人の男だったら、誰でもこの彼のように行動するはず。現に彼女に対して気のある素振りは見せても、過度に期待を持たせるようなことは言っていないでしょ?

 

 

HB:

あー。いるよね。言葉だけは甘いこと言って、実際は行動しないヤツ!

でもね、女性は気のある素振りだけでも、大いに期待しちゃうんですよ…?

 

 

ぴーちゃん:

・・・。

 

 

 

 

HB:

行動する気がないなら粉かけるんじゃねー!!、ていうね。

 

 

 

 

ぴーちゃん:

・・・。

あとね、彼女も彼に対して「これからも先生でいてね」って言ってるでしょ。

どういう意味で言ったかわからないし、文脈も彼女の英語のレベルもわからないけれど、これは彼にとってはけん制されたように聞こえた可能性もある。

 

 

HB:

(スルーかよ)

リリーさん的には踏ん切りをつけたい思いで、敢えてそう言ったのかもね。

 

 

ぴーちゃん:

あと、身近にいるわけではない、次にいつ会うかもわからない相手にメールですぐ返信、てのは、なかなか難しいね。

男としては、どうしても後回しにしちゃう。

 

 

HB:

私も経験あるけど、国際遠距離でメールが主体だと、ついどこで切り上げたらいいかわからなくなったりするよね。

とくにリリーさんたちの場合、互いにこのまま関係を切るのは惜しいと思っているから。

 

 

ぴーちゃん:

とにかく、女性はどうかわからないけど、男性にとっては目の前の現実の生活や自分の目標が第一!

彼女が近くにいるなら、もちろん彼女も「目の前の現実」の一部として大事にするけど、言ってみればこの彼にとってリリーさんはその外側にいる、なんとなく良い感じの「可能性」に過ぎないんだろう。

 

 

HB:

タイプだし、付き合ってみたいけど遠すぎる、でも完全に切るのは惜しい、といったところかな?

 

 

 

 

ぴーちゃん:

うん。

だから、彼が自分の目標を達成して本当に日本に来ることになったら、チャンスはあるよ。

 

 

HB:

もし彼をどうしても諦めきれないなら、それまで待つしかないってことね?

 

 

 

ぴーちゃん:

そういうことになるかな。

でも彼には、「日本に来る計画は順調?もし来たら、また会いましょう」

くらいのプッシュに留めておいた方が良いと思う。それまでに彼女の気持ちが変わらないならそこからまた始めれば良いし、べつにどんどん彼氏を作っても構わないんじゃない。

 

 

HB:

なるほど。

次会える目途が立つまでは、彼に任せて経過を見るしかないわよね。

私なら、それまで待たずにどんどん別の彼氏と経験値を積んでおくけどね!もちろんこの彼もキープしつつ(笑)

 

 

●国際恋愛・国際結婚のお悩み相談募集中!●

 

当サイト(Honey Bunnyの国際結婚・国際恋愛フォーラム)では、国際恋愛・国際結婚のお悩みを募集しています。

 

・外国人の彼/彼女の気持ちがわからない

・国際遠距離恋愛で悩んでいる

・外国人夫/妻との関係

・好きな外国人彼/彼女がいるけど、ちょっと事情が複雑で・・・

・外国人との夜の事情

 

・・・などなど、国際恋愛・国際結婚の悩みに関することでしたらなんでもOKです!

いただいたお悩み相談に関しては、記事内にてアドバイスを掲載いたします(個人情報に関しては非公開、厳守します)。

詳しくコチラを参照してください↓↓↓

>>新コーナー:国際恋愛・国際結婚のお悩み募集中!

 

※サイト上での無料相談は抽選となっております

必ずアドバイスが欲しいという方は、メールカウンセリングにご依頼ください!↓

 

 

関連記事:【成功者が語る、国際遠距離恋愛成就の秘訣5つ】

関連記事:イケメンオージーに聞く!脈あり?脈なし?国際恋愛で彼の気持ちを知る方法

 

>>外国人との出会いなら「マッチ・ドットコム」

 

 

It's only fair to share...Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Pin on Pinterest
Pinterest
0Email this to someone
email

「<第1回>国際恋愛・国際結婚の悩み相談:「イギリス人彼と大逆転の余地はある?」―リリーさんより」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク