国際恋愛のキス・スキンシップについて

国際恋愛をしていると気になるのが、彼とのキスの仕方やスキンシップの取り方ですよね。

日本人同士のお付き合いだとキスやスキンシップはどちらかといえばプライベートでするもの、公の場ではせいぜい手をつないだり肩を抱いたりする程度にとどめる方が多いかと思いますが・・・

相手が外国人だとタイミングも度合いもわからないし、その違いにちょっと緊張してしまうこともあるかもしれません。

スポンサードリンク

 

付き合ったらどんなタイミングで、どんなキスをする?

 

お付き合いそのものがキスから始まる、ということもよくありますが、ふたりのファーストキスがまだの場合、どんなタイミングでするものなのでしょうか。

欧米人の彼の場合は、ところかまわず、ムードが盛り上がったときに自然発生的なキスをするでしょう。

会話が止まって、なんとなく目が合って・・・なんていうシチュエーションが多いでしょうか。

 

最初は互いに様子をうかがうかのように軽く、気持ちが高まればより深いキスへと移行して、うっとりとした時間が過ごせるかもしれません。

 

あなたも好きな彼であればできるだけシャイな気持ちは抑えて、素直に応えてあげてください。

恥ずかしがって拒んだりしてしまえば、彼はあなたの気持ちを誤解してしまうかもしれませんから。

またもちろん、キスをする場所は唇だけとは限りません。

あくまでぬくもりをシェアする気持ちで、互いの頬、まぶた、額などなど、いろいろなところにキスするのも良いものです。

 

関連記事:国際恋愛の「出会いから付き合うまで」と「お付き合いから結婚まで」

 

挨拶代わり?

 

外国人は挨拶代わりにキスをすると言いますが、相手が欧米人の場合、これは多くのケースで真実です。

友人同士(同性/異性問わず)でも唇をチュッとすることもありますし、頬を合わせて音だけでエアーキス、両頬にキスすることもあります。

もちろんハグだけや握手のみ、男性同士だと肩や腕をポンとたたいて終わることもあります。

 

恋人同士でなければ挨拶代わりに濃厚なキスをすることはありませんが、出会い頭にチュッとやったからといって、友達なのに唇にキスするなんて!とびっくりしないようにしましょう。

 

 

日本人彼女のスキンシップが少ないとボヤく外国人男性は多い

 

日本人の彼女や奥さんを持っている外国人男性からはよく、彼女のスキンシップが少なすぎる、あるいはうっとおしがられたりしてキズつくという不満をよく聞きます。

 

日本ではプライベートでもそれほど毎日べたべたと互いに触る習慣がなかったり、なんとなく気恥ずかしくなってしまったりすることもあろうかと思います。

まして外出先の人目があるなかでキスやスキンシップを求められるのは正直勘弁してほしい・・・なんて、本女性側からの不満もよく聞くものです。

 

日本に住んでいる場合どちらが妥協するか、非常に難しいところではありますが、ある程度は彼にも理解してもらった方が良いでしょう。

 

たとえば外では控えめにするけれど、プライベートでは思う存分イチャイチャしてあげるなど、彼の不満がたまらない程度にこちらも気を遣ってあげつつ、ふたりの着地点を話し合うことをおすすめします。

 

私のフランス人の友人(男性)は、お付き合いしていた日本女性があまりにスキンシップを拒むので、他に誰かいるんじゃないかと本気で疑って悩んでいたほどでしたから、彼らにとっては2人の関係そのものが問われるくらい、本当に切実な問題なのです。

 

またお付き合いから結婚まで進展した場合、今度はセックスの問題でも悩むカップルが出てきます。

日本女性は割合としてそれほど性に積極的でない人が多く、また結婚後のセックスレスについてもそれほど深刻に考えないことで、夫婦関係そのものを危うくする原因となったりします。

 

とくに欧米人にとってはキス、スキンシップからセックスは年齢問わずずっとしていくもの、継続的に努力して楽しむものですから、これについてもカップルで話し合うことが重要です。

 

日本人にとってはウソみたいに思えるほど、彼らは結婚後もロマンスを大事に、パートナーを異性として見続ける努力を怠らないのです。

 

関連記事:外国人男性が日本女性との付き合いにおいて直面する、「醜い現実」とは

 

キス・スキンシップの位置づけはお国によっても違う

 

イスラムなどの戒律の厳しい背景を持っている彼から、ヨーロッパの情熱的・開放的な彼まで、外国人と一口に言ってもキス・スキンシップに対する考え方やその方法、お付き合いにおける位置づけは天と地ほども違うものです。

 

イタリア人のように、好きな彼女には(ときにはそうでなくても)大げさな褒め言葉と情熱的なスキンシップは礼儀の範疇、逆にしなかったら怒られるという文化もあれば、そんな話題すら口にすべきでないという文化の彼もいるでしょう。

 

外国人だからといって一様にキスやスキンシップが得意かといったらそうでもないですし、ときにはタブーに触れてしまうこともあるかもしれません。

 

こちらとの文化の違いをまったく理解しようとしない彼ならこの先もお付き合いは続かなそうですが、きちんとお互いの「普通」のすり合わせを行うことも、国際恋愛では大事なことです。

 

関連記事:国際恋愛/国際結婚で対等なパートナシップを築くために大事なこと

 

彼女以外の女性へのキス・スキンシップ

 

付き合う前の段階で親しげなスキンシップや軽いキスをされて面食らってしまう、あるいは自分に気があるのかないのかと惑わされてしまう日本女性は結構多いです。

慣れていないのですから、それも当然だと思います。

しかも相手がタイプだったりしたら、なんとなく嬉しくなって期待してしまうのもわかります。

 

ですが、ここは少し様子を見ましょう(もちろん勇気があるなら、自分からアプローチするのも大いに結構です!)。

 

もしあなたに気があってのスキンシップだと思うならば、他にもサインがないか、感覚を張り巡らせてみてください。

 

彼はあなたにどんな話をしますか?

デートに誘われましたか?

あなたと話すときの彼の目線・表情は?

他にもアプローチめいたことをされますか?

 

女のカンというのは鋭いもので、これは本当に天性のものなんだろうな、というほど、当たってしまうものです。

私も中・高生の、ほぼ恋愛経験など皆無のころから、私に気がある男性は早い段階から100%に近い確率で見抜くことができましたが、それは自分でも客観的に説明が難しい感覚によるものでした。

 

それでも相手の気持ちを当ててしまうのですから、女のカンが鋭いのか、逆に男性が気持ちを隠すのがヘタなせいなのか・・・(笑)

 

ですからあなたがもし彼の気持ちをその「カン」で感じ取っているのなら、それは正しいかもしれません。

私は彼女じゃないのにどうしてこんな親密な感じなのだろうと思ったら、ちょっと彼を観察してみましょう。

 

また逆に自分の外国人彼が他の女性に親しげなスキンシップをしていたとしても、まずは早とちりせず、彼の真意を探ってみましょう。

 

どんな女性にやることが多いのか、特に意識せずそうなのか、なにか特別な意味を持たせてやっていることなのか。

もしそのせいであなたが居心地悪く感じるのなら、臆せず彼に直接指摘してみることをおすすめします。

その際感情的に怒ったり責めたりするのではなく、なぜそういう風にするのか尋ね、あなたが居心地悪い思いをしていることを知らせてあげるのです。

 

彼はびっくりするかもしれませんし、わかってやっていた場合はばつの悪い言い訳をするかもしれません。

 

いずれにせよ彼女はあなたなのですから、以降は彼もあなたの嫌がることはしないよう努力してくれるはずです。

もしそうでないなら、厳しいようですが今後も対等なお付き合いは見込めませんから、早めに撤退することをおすすめします。

関連記事:イケメンオージーに聞く!脈あり?脈なし?国際恋愛で彼の気持ちを知る方法

 

彼がしたがるならできるだけ合わせてあげて

 

彼がキスやスキンシップを望むなら、やりたいようにさせてあげるのが一番ですが、環境がそれを許さない場合もあるでしょう。

日本に住んでいるなら周りの目もありますし、いやいや受け入れているのを見たら彼もおもしろくないはずです。

 

こういった場合は、先述したように文化的な側面をよく諭したうえで、公の場でのスキンシップの線引きを設けると良いでしょう。

 

手をつないだり背中をなでたり、ハグをするまではOK、キスはNGなど。

そしてプライベートではあなたも愛情たっぷりにスキンシップを返してあげるようにすれば、不満は生まれないはずです。

 

彼にとっては自然な好意からしてくれている表現ですから、あなただって本当は嬉しいはずですし、できるだけ受け入れてあげたいですよね。

そこはお互いに譲歩しつつ、あなたの方がイケるぎりぎりまで頑張ってあげるのが、円満の秘訣でしょう。

またそうやっているうちにどんどん慣れていくものですから、最終的にはあなたの方が、スキンシップやキスがないと寂しくなるように感じるかもしれませんよ。

 

私が現夫と付き合っている頃に彼がよく言っていたのは、「日本についてひとつだけ嫌いなことがあるとすれば、愛情表現するのに人の目を気にしなくてはならないこと」という言葉でした。

私にしたら、あとですれば良いじゃない、という感じでしたが、彼にとっては常に、あるいは気持ちが高まったらその瞬間に行動することにこそ意味があるようでした。

 

でも、たしかに良く考えてみたらそうですよね。

その瞬間のいとおしい感情をその場で表現しないのは非常にもったいない(笑)

それに、感情の鮮度は落ちるのが早いですからね。

 

関連記事:外国人と出会えるオンライン・デーティングサイト5選

 

>>世界中の外国人と出会える!マッチ・ドットコム
>>外国人とFacebookで恋活・婚活【pairs】

It's only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Pin on Pinterest0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク