国際恋愛で別れが訪れたとき・・・原因と忘れる方法 その1

筆者のこれまでの実体験や周りの経験から、国際恋愛が国際結婚にまで結びつく確率って、すごく低いのではないかと思っています。日本に住む日本人との恋愛と違って外国人との恋愛は先が見えづらいですし、中には最初から滞在中だけの関係だと割り切って付き合っている国際カップルもいるくらいです。

スポンサードリンク

ただ日本女性 対 欧米男性に限って言うと、女性側の経験が少なければ少ないほど、別れが近いことをなんとなく察知できなかったり、いざ別れが来たときに混乱して、必要以上に傷ついてしまうというのはよくあることです。

 

短い恋じゃイヤ!国際恋愛の落とし穴でも書いているとおり、外国人と日本人との国際恋愛では「常識」は通用しませんし、恋愛関係における間合いの取り方がかなり違っています。

 

関連記事:イケメンオージーに聞く!脈あり?脈なし?国際恋愛で彼の気持ちを知る方法

 

ですからとくに国際恋愛初心者の人は、外国人の彼との別れが来た際は、次につなげるためにもまずなにが原因だったのか、そして上手に忘れるということを覚えなければいけません。

 

このあたり、日本人同士の恋愛でも共通する部分があるものの、国際恋愛特有の作法がいくつかありますので、今回はそれについて書いてみたいと思います。

 

 

別れの原因

 

バックグラウンドの違いによる価値観の違いや言語コミュニケーション不足などすでに言い尽くされている原因はここでは措いておいて、国際恋愛特有の別れにつながる原因は、大きく分けて以下の3つです。

 

  • 国際遠距離恋愛になってしまった
  • 最初から期間限定のつもりだった
  • ステディな相手をつくるつもりがない

 

これらは単独でも、複合的に重なってくることもあります。

 

1.国際遠距離恋愛になってしまった

 

国際恋愛においてこれはもっとも多い別れの理由でしょう。

 

カップルによっては国際遠距離になるタイミングで結婚をしたり同棲に踏み込んだりと、2人の関係にとってプラスのきっかけをもたらすこともありますが、残念ながら多くの場合これが直接/間接での別れのきっかけとなってしまいます。

 

ここでも解説しましたが、とくに欧米人にとって長期間物理的にパートナーが近くにいないということは、別れたのと同じことと捉えられる場合も多いです。

 

とくに次に会う約束がない状態での国際遠距離は、悲しい結果に終わってしまうケースがほとんどであることは覚えておきましょう。

 

その理由としては、やはり外国人男性側のその関係にたいするコミットメントの度合いの問題があります。

 

外国人男性が相手の女性を本当に好きな場合、なんらかの形で必ず次につながるよう手を打ってきます。これは相手がシャイかどうかなどはほとんど関係がなく、デート期間中もそうですし、真剣に考えている相手を遠距離状態でそのまま放置しておくことは、まったくあり得ないことなのです。

 

通常であれば男性側がなんらかの形で動きますが、そうでない場合、試しにあなたの方から次にいつ会えるのか聞いてみましょう。

 

彼の答えが具体的でない場合、かなり望みは薄いと思った方が良いでしょう。

 

また具体的にいついつ会いに来る/会いにおいでと彼が言った場合望みはありますが、2人の関係がすでに1~2年以上続いている場合は、やはり最終的に別れる方向に行く可能性は高いです。

 

なぜなら互いの間で仕事の都合など、まだ同棲/結婚できない理由についてある程度コンセンサスが取れている場合を除いては、やはり彼にとってはあなたとの関係を一歩進める決定打に欠けている状態だと言えるからです。

 

関連記事:【成功者が語る、国際遠距離恋愛成就の秘訣5つ】

 

2.最初から期間限定のつもりだった

 

筆者のオーストラリア人の夫は昔から旅が多く、数年ごとに住む国・街が変わる人でした。

 

にも関わらず、彼は三十数年の人生で一度たりとも国際遠距離恋愛をしたことがないといいます。

 

彼がこれまで世界中いろいろな国の女性とお付き合いがあったことは知っていたので筆者は実際かなり驚いて、それがなぜなのか聞いたことがありました。

 

夫の答えはシンプルで、「離れてしまったら付き合いなんか続けられないよ」というものでした。

 

じゃあ彼女たちのことは愛していなかったのか、呼び寄せて一緒に暮らそうと思ったことはないのかと聞くと、「今までの彼女たちは、一緒に連れてきて後悔しないと100%思える相手ではなかったから」との答えが返ってきました・・・。

 

このように、男性のロジックというのはかなりシンプルなものです。

 

これは筆者の夫独特の考えというのではなく、ほとんどの男性が彼のような考え方をすると思っておいて良いでしょう。

 

関連記事:【彼がどうしたいのかわからない!国際恋愛の落とし穴】

 

夫がその国を去る間際に好意を示してきた女性がいたとき、彼はいつもはっきりと、「あと数か月で僕は去らなければいけないから、長いお付き合いはできないよ」と伝えていたそうです。

 

それでもいいと言う女性とは付き合ったそうですが、言葉通り別れの段階になると、一部の女性たちは彼を引き留めようと苦心したり、泣いたりわめいたりした女性もいたとか。

 

こういった行動は日本女性のイメージですが、日本女性がひとり、あとは白人女性だったとのことで、やはり世界中どこでも変わらないものなのだなと思いました。

 

少々話が逸れましたが、筆者の夫のようにはっきりと女性に伝えるというのはまだ誠実な方で、実際潜在的にはかなりの数の外国人男性が、自分が帰国するまでの「短期間限定」のつもりで現地の女性と付き合っているケースがあると、筆者はニラんでいます。

 

さらに余談ですが、外国人との恋愛というと欧米人的感覚ではどこか情事的な香りがするのは、上記のようなケースが多いからでもあります。

 

つまり「国際恋愛」には、(日本ではその感覚はかなり薄いですが)長続きしないことが前提の刹那的・情熱的な恋愛を思わせる響きがあるのです。

 

自分にとってその付き合いが期間限定の恋愛であることなど、たいていの外国人男性は直接相手の女性を目の前にして伝えることはないでしょう。

 

別れの際もなにかと理由をつけるか、そのまま自然消滅を狙うのがほとんどのパターンです。

 

関連記事:こんな外国人彼氏との結婚は考え直した方が良い?!超重要な見極めポイント5つ

 

欧米のようにそもそも国際恋愛がはかないものであるという感覚、それに加えて彼らの恋愛関係における間合いの取り方に慣れてくると、彼らがどんなつもりで自分と付き合っているのかなど、聞かずとも理解できるようになります。

 

つまり外国人男性に対する嗅覚が発達してくるのですね。

 

そうすると、別れが来た時に驚いたりひどく傷ついたりすることはなくなりますし、望みがあるのかないのかモヤモヤさせられることもなくなります。

 

自分が望む方向に行かなそうだとなれば早いうちに自分から撤退できますから、時間のムダも防げるようになるでしょう。

 

ここまで来るためにはやはり訓練、国際恋愛をたくさんこなすに越したことはありません。ただもちろんそんな訓練積極的に積みたくはないでしょうから、そんな場合は、最初のうちは彼に直接それとなく確認してしまえばよいのです。

 

彼が帰国してしまう予定はあるのか、帰国することになったら自分たちはどうなるのか。

 

ここではぐらかされたり重いなどと言われるようなら、どちらにせよ先はないと思って良いと思います。

 

あなたもそのつもりで付き合い続けるか、きっぱりお別れするか、二つに一つです。

 

 

3.ステディな相手をつくるつもりがない

 

2.の期間限定のお付き合いと似ていますが、さらに可能性がなく打つ手なしなのがこのタイプです。

 

まだ若いなら仕方ありませんが、三十代半ばに差し掛かってもこういうことを言っているタイプはのちのち女性が苦労しますので、遠慮しておいた方が無難です。

 

注意したほうが良いのが、「本当に好きな女性ができたら真面目に付き合う」などということを言う人です。女性にもいますが、これはイコール誰とも真面目に付き合う気がないということと同じです。

 

女性ってこういうふうに言われると、その気がないわけではないなら真面目に付き合ってくれるかも、とか、私なら彼を変えられる!とか勘違いしがちですが、この問題は彼の心の問題(往々にして生い立ちが関係している)であってあなたは関係ありません。

 

あなたが彼を変えられるなどと思うのは本当にやめた方が良いですから、頑張るのはよしましょう。

 

筆者の友人のアメリカ人男性で、一夫一婦制を信じていないので、日本人の妻とともにオープン・リレーションシップを実践しているという人がいます。彼はよそに子供ができないよう精管切除(パイプカット)をし、簡単にいうと結婚はしているものの、性的関係はお互い自由にして良い、という形のパートナーシップを結んでいます。

 

これは賛否両論あるでしょうが、人間に備わった理性において、誠実にパートナーと話し合い、高度な決断をしているという点で筆者は支持しています。

 

問題なのはごくごく稀な筆者の友人のようなタイプでなく、先述のような、自分自身の問題解決能力の低さをあたかもポリシーのように振りかざしているタイプの外国人男性でしょう。

 

この手のタイプの外国人男性に巻き込まれて大変な思いをしている女性が結構いますが、筆者の見る限り、自尊心が低くて優しすぎる女性が多いです。

 

付き合う相手は自分の鏡ですから、もし自分が幸せでないと感じているならば、自分をごまかさずに、どうして自分が幸せを感じられない関係を続けているのか静かによく考えることをオススメします。

 

あなたの自尊心の低さを改善するための学びの機会かもしれませんし、依存的な性格を見直すきっかけになるかもしれません。

 

いずれにせよ、これを一つ乗り越えればこの先さらに素晴らしい出会いが待っていることは、筆者が保証します。

 

関連記事:先が見えない国際恋愛を国際結婚まで持ち込むには!

関連記事:外国人と出会えるオンライン・デーティングサイト5選

 

外国人との新しい出会いなら・・・

→【pairs】Facebookで恋活・婚活

その2へ⇒

It's only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Pin on Pinterest0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク