国際恋愛の「出会いから付き合うまで」と「お付き合いから結婚まで」

ひょんなきっかけでとってもステキな外国人と出会ったは良いけれど、どうやってお付き合いまで発展させたらいいかわからない!

 

そんな悩みを持つ方のために、今回は欧米流のデーティング、さらにお付き合いが成功したあとどのように結婚まで発展させたら良いかについて書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

だいたいの一般的な流れと対処法について説明しますから、それを参考にしつつ、お付き合いの形に会わせて柔軟に対応してみてください。

 

関連記事:アメリカ人男性が考える日本女性の魅力7つ!

 

出会ってから付き合うまで

 

欧米には出会ってからステディな関係になるまでの間に、デーティングという試用期間のような?カジュアルな付き合いをする習慣があります。

 

お互い本気の彼氏彼女だと認め合うまでは、別のいろいろな相手ともデートをしてみて、最終的に良きタイミングで真剣交際がスタートするという具合です。

 

日本人にとってはちょっとわかりにくい部分があると思うので、迷ってしまいやすい点をまとめてみます。

 

 

告白する?

 

欧米式のお付き合いスタートに、基本的に告白という合図はありません。

 

日本でもある程度大人になればわざわざ「好きです、付き合って下さい」なんて言ったりせず、自然の成り行きに任せることが多いのと一緒です。

 

そもそもデーティングの主旨というのは、第一印象でなんとなく惹かれた相手を本当に好きになれるか試してみることにあります。なのでまだ「好き」かどうかもわからないような段階ですね。

 

ここを「付き合っている」と勘違いしてしまって、定期的に会っているのになかなか進展しないとか、ちゃんと愛情表現してくれないとか悩んでしまう日本女性は多いように思います。

 

関連記事:イケメンオージーに聞く!脈あり?脈なし?国際恋愛で彼の気持ちを知る方法

 

もちろん、すでに親密になっているのにステディになれないとか、長すぎるデーティング期間である場合は、あなたにその気があるなら一度相手にきちんと話してみるべきでしょう。

 

そこでの反応を見て彼の本気度を量る、ということもできますし、逆にあちらはすでにきちんと付き合っているつもりでいた、という可能性もあります。

国際恋愛の場合、コミュニケーションの深さ度合いで互いの認識は簡単に変わってきますから、あなたの正直な気持ちを話すと同時に、彼の気持ちもきちんと言葉にしてもらわなくてはなりません。

 

注意したいのは、一部の男性には、その気がなくともただ単にキープしておきたいという理由だけで、敢えて関係をハッキリさせないズルい人もいる、ということです。

 

関連記事:国際恋愛で「友達以上恋人未満」を脱出する方法

 

ですからここで言葉を濁すような彼なら、厳しいようですがこの先も良い関係は望めません。

 

また口では良いことを言っていても行動が伴わない場合はおそらく脈がありませんから、潔く次の出会いを探しましょう。

 

関連記事:外国人と出会えるオンライン・デーティングサイト5選

>>世界中の外国人と出会える!真面目な出会いならマッチ・ドットコム

 

どんなふうに進展させる?

 

なんとなくいいな、気が合いそうだな、と思ったら、とりあえずデートに出かけてみましょう。相手の外国人男性にその気があったら、おそらくは相手の方からなにかしらのアクションがあるでしょう(連絡先を聞かれる、次あなたにどこで会えるかさりげなく確認されるなど)。

 

ただあなたが仏頂面で緊張していると、せっかく相手があなたに興味を持ってもアプローチしづらくなってしまいますから、初対面の場合はリラックスした笑顔で、相手が声をかけやすい雰囲気でいることを心掛けましょう。

 

関連記事:日本人は退屈?意見がない?外国人相手に上手に自分を表現する方法

 

またシャイになりすぎず、あなたが相手に興味があることをきちんと表情などで伝えておくのも大切なことです。

 

2人きりでのデート、またはグループでのイベントごとなどに誘われたら、気負わず楽しんできましょう。

 

2回目、3回目と会っていくうちにお互いのことがわかるようになりますから、そこから徐々に親密になっていきます。

気恥ずかしく思ってしまうこともあるでしょうが、ここはチャンスを見てあなたから積極的に話しかけ、彼の話を聞く際はきちんと目を見つめて、関心があることを伝える努力をしましょう。

 

覚えていてほしいことは、相手の望む付き合いの形に囚われず、あなたはあなたの価値観で彼との関係を進展させるべきだということです。相手が積極的な外国人だからといって相手のペースに巻き込まれた状態では、先が思いやられます。

 

ある程度親しくなったら、自分の理想の付き合いを折りに触れて言葉と態度で伝え、2人の足並みを揃えましょう。

 

関連記事:国際恋愛/国際結婚で対等なパートナシップを築くために大事なこと

 

またこの時点であなたの要望を聴き入れてくれないような相手ならば、残念ながらここで彼とのデーティングはおしまいです。最初からそんな感じなら、この先良い方に変わってくれることはほとんど望めないからです。

 

逆にデートを重ねていくうちに相手の素晴らしいところがどんどん見えてくるようなら、真剣なお付き合いを考え始めましょう。

 

彼はあなたを自分の友達や同僚、家族に紹介するようになるでしょうし、大事な記念日やイベントごとにもまずあなたを誘うようになってきます。そうやって相手も暖まってきたようならば、それらの行動が真剣交際の合図、と思って良いでしょう。

 

もしそれでもまだ不安ならば、相手に直接確認してしまってもオーケーです。

 

その際はあまり重くなりすぎず、軽く確認するような聞き方に留めておくと、相手にとってもプレッシャーにならないと思います。

 

 

駆け引きした方が良い?

 

欧米人との恋愛初期において、たいていの場合ある程度の駆け引きは必要と言えるでしょう。

 

欧米人男性との間合いの取り方がまだよくわからないうちは駆け引きに囚われない方がうまくゆくと思いますが、最低でも連絡の7割は相手からさせる、相手に夢中の素振りは見せないくらいのことはした方が良いと思います。

 

前にも書いたようにステディな関係になるまではあくまでもお試し期間ですから、その間は相手からあなたへの最大限の興味を引き出しておく必要があるのです。

 

最初から相手をお腹いっぱいの状態にしてしまえば彼も刺激がなくつまらないでしょうから、駆け引きはむしろ相手に対する気遣い、サービスだと心得ておくと良いでしょう。

 

対等な関係でありつつ、お互いに相手を楽しませてあげられるよう努力する。これが欧米式の恋愛方法です。

 

もちろん押したり引いたりのゲームばかりでは本来の意図が損なわれますから、その辺りは上手にさじ加減します。たとえば互いに顔を合わせている時だけは最高に女らしく優しく、愛情たっぷり、それ以外では連絡などそっけない、くらいの感じが面白いのではないでしょうか。

 

そんなギャップがそこかしこに見え隠れするからこそ相手はもっとあなたを知りたくなり、いつの間にか夢中になっていくのです。

 

 

付き合ってから結婚まで

 

さて、晴れて大好きな外国人の彼とステディな関係になると、次に目指すは妻の座、というふうになってきますよね。

 

お互いに夢中で問題もなく、パートナーとしてすでに完璧!という場合はなにもせずともそのまま結婚や同棲の話が出てくることと思います。

 

そうでないならば問題を解決する、あるいはお互いに別々の道を行くという選択をする。

 

筆者の見てきた限り、こと国際恋愛に関して時間をかけすぎて良いことはないと思っています。合理的・建設的に問題を解決するか、早めに違う選択肢を視野に入れて行動する、とにかく行動あるのみですから、情に流されていつまでもずるずると同じ場所にいるのは精神衛生上も非常によろしくないと筆者は思います。

 

関連記事:こんな外国人彼氏との結婚は考え直した方が良い?!超重要な見極めポイント5つ

 

下記は、国際恋愛においていよいよ関係を進展させる時期に来た時に予想されることなどです。

 

 

同棲するべき?

 

これはカップルにもよると思います。

 

筆者のアメリカ人と日本人の友人カップルは2人とも敬虔なクリスチャンだったため、結婚前の同棲は許されていませんでした。

 

逆に別の友人のオーストラリア人カップルは、実に10年間の同棲期間を経て結婚しました。

 

同棲すると長すぎた春のようになって良くない、逆に結婚が遅れる、あるいは逆に、事前に素の相手と暮らして行けるか知ることができるから同棲はすべき、など様々な意見があります。

 

筆者の意見としては、「期間を決めて同棲すべき」という立場です。

 

同棲を決める時は当然ラブラブで、いつも一緒にいたい、とかみんな思っているものです。でもそんな時期が過ぎても結婚を決めておらず、なんとなくなあなあになってきたら、それは完全にタイミングを失った証拠かもしれません。

 

ちなみに筆者は昔から周りのいろんなタイプの国際結婚を見てきましたから、同棲を長引かせてはいけないと知っていました。なので夫と出会ってオーストラリアで同棲することが決まったときは、とにかくビザの手続きメインで物事を進める算段を取りました。

 

どういうことかというと、国際結婚の場合、一緒にいるにはどちらかのビザが必ず必要ですよね。筆者夫婦の場合は筆者がオーストラリアのパートナービザを取る形でしたが、ビザ取得には待ち時間も含めてなんと1年前後かかります。

 

ですからそのビザ申請期間をそのまま結婚準備に充てるという約束で、同棲に合意しました。1年なら結婚前の同棲期間としては丁度良いですし、ビザが下りる=結婚という方向にスムーズに移行できるからです。

 

たしかに手続きは煩雑で高額ですし、ケンカもありました。でもそれは結婚に踏み出すか踏み出さないかの状態の国際カップルにとっては、むしろプラスに働くと筆者は思います。

 

共同で頑張らなきゃならないことですし、なにより漫然と同棲を始めるのと違って目標がありますから、ずるずるすることもないわけです。

もちろんこの期間にケンカ別れしてしまうカップルも多いですから、あえて「ビザ取得」というハードルを設置することで今後うまくいくかどうかを占う、ふたりの絆を確かめるのに丁度良い試練となるのです。

 

ですから同棲したいと考えているカップルは、結婚を前提に(気持ちの上の合意だけでなく)具体的な手続きを進めつつ、というのが最も効率が良くおすすめです。

 

関連記事:先が見えない国際恋愛を国際結婚まで持ち込むには!

 

ゴールインは付き合ってどの位が妥当?

 

先述の通り、国際カップルの場合なにごとも長すぎるのは良くないと筆者は思っています。

 

交際が長くなればなるほど累計的な遠距離恋愛の時期も長くなるわけですし、どちらかが国に帰るとなった時点でタイミングが悪ければ、結婚には至らず泣く泣くお別れ、なんてことにもなりかねません。

 

まぁそれもご縁なのですが、もし結婚が視野に入っているならば相当計画的に進めないと、準備には本当に時間がかかることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

また日本人の場合非常に忍耐強いというか、根本的にリレーションシップに対する感覚が欧米人と違う部分があります。

 

例えば日本で長期の単身赴任なんて当たり前のようにありますが、欧米ではほぼあり得ません。物理的に離れている期間が長いというのは、それだけで積極的な離婚の理由になるくらいです。

 

それと同じ理屈で、数か月程度離れてしまうからという理由だけで恋人同士が別れることも普通にあります。

 

ですから「物理的に離れる」ということはそれだけで相当なリスクがあることですし、欧米人の感覚で言えばそのときに(長期で離れる場合)なにもアクションを起こさないという時点で、関係自体がすでに少々ぐらついているとも言い換えられるのです。

 

以上のようなことを考慮して、国際恋愛の場合1~3年のうちには話が具体的になっていてほしいところですね。

 

もちろんどちらかが長期で滞在するビザを持っているから遠距離恋愛にはならないとか、いろいろな事情でそれが当てはまらない場合も多くあります。

 

しかし一般的にはいずれ長期/短期で離れ離れになる相手ですから、そうなる前に手を打っておくのが正解でしょう。

 

→成功者が語る、国際遠距離恋愛成就の秘訣5つ

 

両親へはいつ会わせる?

 

少なくとも欧米圏では、単なるカジュアルなデートの相手でも自分の家に招いたり家族に会わせることは、頻繁に行われます。したがって彼の両親に紹介されたからといって、ただちに彼があなたとの結婚を考えているということを意味しません。

 

日本では少々事情が違う場合もありますから、そのあたりを彼が理解していないようなら、事前に説明してあげた方が良いでしょう。

 

日本の親御さんの中には非常に厳しい人もおり、筆者の友人のお父上は、娘のアメリカ人婚約者が適切な挨拶(お嬢さんを僕にください、というアレですね)もできないと言って、彼らの結婚に反対していました。

 

こちらのしきたりに合せてくれる彼ならばありがたいことですが、人によってはそういったことを強要されることに強いストレスを感じる場合があります。とても難しい問題だと思いますが、そういうケースではあなたが間に入り、双方とよく話し合って、すり合わせをしなくてはいけないでしょう。

 

 

プロポーズは?

 

相手が欧米人だからといって、みんながみんなロマンティックなプロポーズを経験してるわけではないようです笑

 

中には婚約指輪はおろかプロポーズすらなく、式も登記所で宣誓書にサインしただけ(それで法的に結婚成立)、なんてケースもちらほら聞きます。日本人と欧米人の国際カップルだけではなく、欧米人同士のカップルでも事情は同じです。

 

女性としては、やっぱり多少はロマンティックなシチュエーションで婚約指輪を受け取りたいと思ってしまうところですが、そんなものはなくとも信頼しあって幸せなカップルはたくさんいます。

 

筆者のところでは、あらかじめ婚約指輪はちゃんとしたものを欲しいと夫に伝えておりました。

 

筆者はオーソドックスなダイヤの婚約指輪が欲しかったのですが、夫はダイヤが嫌いなので(アフリカでの搾取とか商業的な背景や政治的な理由など)代わりに美しいアンティークサファイアの婚約指輪を贈ってくれました。

 

そもそも自分から催促しているのでロマンティックではないですが、いつもの通り私の要望をちゃんと夫が聞き入れてくれたことが筆者には何より嬉しく、また一般的なダイヤではなくサファイアというのもエレガントで素敵だと思えたのでした。

 

ゴージャスでロマンティックなシチュエーションも憧れますが、プロポーズや指輪があってもなくても、そこにはカップルごとの独特の幸せがあるものです。

 

2人でようやくここまでたどり着いた、という感動こそが、何よりも貴重ですよね。

プロポーズは誰のためでもなく、「私たちらしいね」とほかならぬふたりが笑いあえるようなシチュエーション、エピソードがもっとも輝くのです。

 

国際恋愛の出会い~結婚まで、ざっと一般的な流れを追ってみましたが、当然そこはカップルによって様々であることは言うまでもありません。

 

乗り越える壁は大きいですし、多くの国際カップルはそこをうまくクリアできずに終わってしまいます。そうだとしてもそこから学ぶことはたくさんあり、皆次への幸せにつなげています。

 

たくさんの愛情、少しの知恵とテクニックで、皆さんも幸せな国際恋愛/国際結婚を成就させてください!

外国人との出会いなら・・・↓
【pairs】Facebookで恋活・婚活

>>世界中の外国人と出会える!真面目な出会いならマッチ・ドットコム

It's only fair to share...Share on Facebook1Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Pin on Pinterest0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク